お守り代わりとしても

入用になった時にクリニックへ駆け込んでアフターピルを貰う。
それでもいいのですが、何かあった時のために事前に準備をしておくと安心です。
副作用が少なく、体に負担をかけにくいノルレボ錠のジェネリック医薬品である「アイピル」は、万が一何かあった時のために手元に持っておきたいと思う女性に大人気のアフターピルです。
アイピルを使用すると、女性ホルモンを乱して強制的に子宮内膜を剥がします。
普段なら女性ホルモンは安定した状態が良いのですが、受精の確率が高まっている時はこのように女性ホルモンが乱れることで妊娠する確率が急激に下がっていきます。
アイピルの避妊効果は、24時間以内に服用すれば95%、72時間以内に服用すれば75%という結果がでています。
避妊に失敗してしまった時や、もしも性犯罪に巻き込まれてしまった時もすぐに服用すれば妊娠する確率はとても低いので安心して下さいね。
アイピルの料金は1つ2,000円ほど。クリニックや通販で購入することができます。
クリニックで処方してもらえば、その後もし副作用があらわれてもすぐに相談できるのでオススメです。
ただし、アフターピルは緊急時に使用する目的で作られた薬です。
飲んだら妊娠しないしいいや、と無防備なセックスをした後に軽い気持ちで飲むことは、
ホルモンバランスを崩すことにも繋がりますし値段もかかるものですからオススメしません。
普段は低用量ピルやコンドームを使い、避妊に失敗した時のような緊急時のみアイピルを使うという方法が理想的だと思います。