負担もかかりにくい

アフターピルには、服用すれば受精卵が子宮内膜に着床することを防いだり、排卵を遅らせることによって妊娠を回避させる効果があるといわれています。
そんなアフターピルの種類は1つだけではありません。
ヤッペ法(プラバノール)とノルレボ錠という2つの種類が存在しています。
ヤッペ法というのは、昔から日本にあったものですが正確に言えば緊急避妊薬として作られたものではありません。
プロゲステロンとエストロゲンを配合した中用量ピルで、アフターピル以外にも女性ホルモンのバランスを整えて女性特有の病や症状を改善するために処方されています。
服用方法は72時間以内に2錠飲んだ後、12時間後に2錠飲みます。
薬の料金自体はそう高くなく、5,000円前後で処方してもらえますが、強い副作用が発生してしまうようです。
強い吐き気、食欲不振、胸の張りや痛みなどがあるので、処方される前にこういった説明をされると思います。
もう1つのノルレボ錠というのは、日本で緊急避妊薬として認められた初めてのアフターピルです。
服用方法は、72時間以内に2錠飲むだけですぐに体の中に効いていきます。
先ほどご紹介したヤッペ法の欠点を改善して作られているので、副作用が発生することもあまりありません。
体に負担をかけることが少ないので、多くのクリニックではノルレボ錠をすすめられることが多いようです。
しかしノルレボ錠は料金がとても高く、15,000円前後という高額になってしまいます。
値段を取るか、体に負担が少ない方を取るかは個人の自由ですが、体を大切にしたいのであれば負担をかけにくいノルレボ錠のほうが良いと思います。